住宅ローンの審査が甘い銀行の借り入れに関する注意点

家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。
ローン申請は、銀行等で受け付けています。
ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要があります。
35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。
なので、申込をすれば確実に通る。
という風な単純なものではありません。
通過しなかったケースも多々あります。
ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただそんなフラット35の審査は、ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり住宅の価値を重視して審査を行います。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
一つの住宅を建てるのに、様々なローンがあるのですがとりわけ、つなぎ融資を利用している方も多いのをご存知ですか。
簡単にいうと、ローンが始まるまでの期間で不足しているお金を応急的に、借りることで補うローンの事なのです。
原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。
但し、こちらの借入れの場合利息がとても高いので一日でも早く手続きを済ませなければなりません。
安心して申し込める銀行を探しながら、契約内容を確認し後から負担のないように、綿密な計画を立てましょう。
長年住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。
繰り上げ返済をする事により、ローン元金を減らす事が可能ですので、元の借入額を減らす事が出来ます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。