銀行カードローンも複数の借入できる?新規申し込みだと在籍確認って絶対?

消費者金融により審査基準は異なりますが、誰でも知っているような消費者金融ではあまり大きな隔たりはないでしょう。
大差が出てくるのは大手ではない消費者金融です。
銀行系列などの消費者金融よりも審査基準が厳しい場合、誰も大きくはない消費者金融から振込を受けるような事はしないはずです。
新規でカードローンの申込を行うと、審査の過程で勤務先へ電話(在籍確認)がかかってくることがあります。
必ずしも全員にかけるわけではないようですが、もしかかってきて会社の人に知られるとなると、気まずいし、それでいて言い訳するのも気がひけます。
そういったユーザーの声を汲んで、在籍確認なしでローンを組める会社もあります。
業界でも老舗の部類に入る大手業者や銀行系も対応を始めており、在籍確認が心配である(不安である)と伝えると保険証や社員証、給与明細等で済ませてもらえます。
書類提出のためのスキャナがない人は、携帯のカメラ機能があれば大丈夫です。
キャッシングを複数社で利用する際にはその金額については総量規制を受けるので、利用可能額がトータルでいくらになるかを確認し、借り入れの申し込みを行わなければなりません。
消費者金融会社が、こうして総量規制を設定しているのは、申し込む人が高額すぎるお金を借り過ぎてしまわないための措置であり、その上限は年収額に応じて決められるので、自分のキャッシング利用額が今いくらなのか確認してキャッシングの利用を判断してください。
一昔前は借金が返済できないとしつこい取り立てがあったと聞くのが、消費者金融ではないでしょうか。
ただ、昨今ではそんなことは全然ありません。
そんな事をしてしまうと法律違反になるのです。
つまり、取り立てが恐ろしいから借りるのはごめんだと不安に思う必要はありません。

銀行カードローン複数借入OK?落ちた人必見【限度額は?】